巻尺

内臓器官にもお休みを

毎日の日課としても3度の食事をする人間の内臓器官は、常にフル稼働で仕事をします。ファスティングを実践することで、実質上内臓器官はお休みとなり、胃腸もお休みになります。休ませることで、不要なものは排出もしやすくなり、免疫力も高まります。

ウエスト

3日間の短期間にトライ

3日間のファスティングの方法は、飲み物から始まるわけではなく、食事を消化の良いものに変えて、カロリーも減らしてからの開始です。本格的なファスティングを3日間行い、そのあとには同じ日数の3日間を、復食期として過ごします。

空腹対策も万全に

女の人

1週間前から準備を

数日を水分だけで過ごすファスティングダイエットの注意事項として、空腹対策をスケジュールに必ず入れることです。毎日のように朝昼晩の3回の食事を食べている人にとって、水分のみで過ごすのは辛いものであり、期間中にお腹がすきすぎて、固形物を食べてしまってはアウトになります。酵素ドリンクなどの飲み物と、水分だけで過ごすのがファスティングなので、途中でギブアップをしないためにも、空腹対策を事前にしておくことです。実践期間は人それぞれにはなりますが、しばらく食べなくても大丈夫という安易な考えで、準備もなくはじめると、強い空腹感で挫折をしやすい傾向にあります。空腹感に心が負けてしまい、ほんの一口で食べたら、そこから食欲は暴走をしてリバウンドです。こうしたトラブルを起こさないためにも、空腹対策としても、ファスティングは1週間前から準備をはじめます。3日程の実行をするとしたら、すぐに断食をするのではなく、およそ1週間ほど前から食事量を、徐々に少なくしていきます。いきなり断食をすると、挫折してドカ食いの可能性がありますが、1週間ほどかけて食事を減らすことで、胃は無理なく小さくなるからです。この期間にお腹がすいた時には、お菓子などの間食はしないで、水を口にするようにして慣らしておきます。実際に本格的なファスティングに入ると、口にするのは専用ドリンクと水なので、空腹対策の一つとしても、1週間前からの準備では、水を飲むようにするといいです。

女性

腸を健やかに整える

酵素類の良い栄養を飲みながら実践するファスティングは、断食を決行することでアレルギーや、花粉症などのアレルギー改善にも役立ちます。ファスティング実践は腸内のクリーン化活動であり、腸内が整うことで弱くなっていた免疫力も、次第に向上をすることになります。